未分類

G-Shock DW5600E購入・レビュー|定番のスピードモデル

こんにちは、さと(@satokita_z)です。

スマホがあれば時間なんてわかるし…と最近は腕時計を付けない人が増えているそうです。

でも、僕は腕時計をつける派。

というかかなり好きな方で、たくさん腕時計持ってます。

男性が身に着けることがゆるされる数少ないアクセサリーなんですよね。腕時計って。

中でも今回紹介する、G-Shock DW5600Eは定番中の定番とも言えるモデル。

使用するシーンは、どちらかというとカジュアル・日常よりですが、ビジネスだって行けないってことありません。

実際、僕のお仕事(本職)はかなりお堅い職業ではあるんですが、仕事に付けていくこともしばしば。

もちろん週末のパパ業のときには、子供達と公園でドロドロに遊んでも大丈夫。

そんなG-Shock DW5600E、いわゆるスピードモデルを今回はレビューいたします。

DW5600E G-Shock スピードモデルの型番・仕様

さて、今回レビューするDW5600Eですが、正式にはDW-5600E-1Vという型番です。

よく似た型番のモデルにDW-5600E-1(最後の”V”が無い)というのがあります。

この二つのモデルは「-1」が国内向け、「-1V」海外向けのモデルということのようです。

「-1」国内向けモデルと、「-1V」海外向けモデルでは以下の三点が違うと言われています。

  • 文字盤の表記:全体のイメージはほぼ同じだが細かい表記が違う
  • 取り扱い説明書の言語:日本語説明は国内モデルのみ
  • 価格:海外モデルのほうが2,000円程度安い

国内モデルの文字盤にすごくこだわりがある、説明書は絶対に日本語じゃなくちゃダメ、という人以外は海外モデルがおススメです。

安価ですので。

DW-5600E-1Vの仕様

今回紹介するスピードモデルの仕様はこんな感じです。

  • モーブメント:クオーツ
  • 20気圧防水
  • 精度:平均月差±15秒
  • 電池寿命:約2年
  • ケース・ベゼル材質: 樹脂
  • 樹脂バンド
  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • 無機ガラス
  • 機能:ELバックライト(ブルーグリーン)、フルオートカレンダー、マルチアラーム・時報、ストップウォッチ、タイマー、報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)、12/24時間制表示切替
  • サイズ:文字盤38×34㎜程度、バンド幅26㎜
  • 重量:54g

お気づきだと思うんですが、電波時計機能、ソーラー充電機能、いずれもありません。潔いです。

DW5600E G-Shock スピードモデルの外観

いくつか写真を載せておきます。

まずは外箱です。

外箱を開けるとこんな感じ。

外箱から取り出します。台座に乗っかってますね。

写真は、購入した時の様子です。傷・擦れのない美しい状態です。

DW5600E-1V G-Shock スピードモデルのバックライト機能

バックライトをonにするとブルーグリーンの光を放ちます。

「オートEL機能が付いている」とのうわさがありますが、未確認です。

DW5600E-1V G-Shock スピードモデルを手首に装着した状態

僕の場合だと、細い方から数えて5番目の穴を使用します。

手首周りは15cmほど。けっこう華奢な方です。

ボタンホールは全部で13個あります。

DW5600E-1V G-Shock スピードモデルを買える場所

僕はAmazonで購入しました。

DW5600E-1V G-Shock スピードモデルの利用シーン

ウィークデイは職場に付けていってます。

冬場は、ワイシャツの袖の中に収めるのにちょっと苦労する厚みです。

夏場、半袖のシャツの方が合わせやすいです。

週末こそ、G-Shockスピードモデルの本領発揮です。

特に子供達と遊ぶときに大活躍です。公園の砂場で遊んで泥だらけになっても、さっと水で流せば元通りです。

先日は九州への家族旅行に付けて行きました。

旅行中は、飛行機の時間、予約の時間などなにかと時間を気にするシーンが多いです。

子供達と一緒に遊ぶことも多いので、ガシガシ使えるG-Shockは本当に便利です。

DW5600E-1V G-Shock スピードモデルのウンチク

ちなみにこのDW5600E-1。

スピードモデルと呼ばれていますが、その名前の由来は、1994年公開の映画「スピード」。

映画「スピード」の中で主人公を演じるキアヌ・リーブスが付けていたのがこのDW5600E-1の前身モデルであるDW-5600Cだったことから以後、このシリーズがスピードモデルと呼ばれているようです。

 

まとめ

今回は、DW-5600E-1V G-Shock スピードモデルをレビューしました。

小さな子供を子育て中、ちょっとしたアクセサリー感覚で腕時計を付けたいというパパに特におすすめです。

さと(@satokita_z)でした。

このブログを書いている人
北沢さとし
知恵と工夫で現状を打開しようとするチャレンジャーを本気で応援するプロ支援家。従業員24万人の世界企業から個人まで様々なクライアントの問題解決屋。 2020年6月9日:ブログにフルコミットすることを宣言。初心者ブロガーとして自らチャレンジ開始。 好物:ビール、ラン、ドイツ、金。 大事にしてる:家族、信念、挑戦、行動量、ハッピー
\ Follow me /