未分類

SKX007|セイコー・ボーイシリーズの選び方|SKX009

みなさん、こんにちはダイバーズウォッチ大好きな管理人のさとさん(@satokita_z)です。

今回は、セイコーボーイシリーズの選び方を紹介します。

ボーイシリーズってのは、型番SKXで始まるセイコー・ダイバーズウォッチの人気シリーズのことです。

英語で書くとSeiko Boyです。

[セイコーimport]SEIKO 腕時計 逆輸入 海外モデル ブラック SKX007KC メンズ

こんなやつです。↑の写真はボーイシリーズの中の「ブラックボーイ(Black Boy)」です。

この時計、日本だけじゃなくって、海外でもとっても人気があります。

技術の国ニッポンの機械式腕時計が世界で大人気。それだけでうれしくなっちゃいます。

そんな大人気のセイコーボーイシリーズ。いくつかバリエーションがあって、生産中止のうわさ等もあったりしますが、現在、ブラックボーイ(SKX007**)、ネイビーボーイ(SKX009**)、オレンジボーイ(SKX011**)が入手可能です。

型番の後ろのところが「**」となっているのは、ベルト部分の仕様メタルブレスレットか、ウレタンバンドか)、製造地域日本製か、海外製か)によって型番が異なるからなんですが、詳しくはこの後紹介しますね。

では、セイコーボーイシリーズの選び方、説明いたします。

どのボーイを買ったらよいかわからない」なんて人の参考になったら嬉しいです。

セイコー・ボーイシリーズ(SKX007, SKX009, SKX011)のバリエーション

セイコーボーイシリーズは、カラー、生産国、ベルトの仕様違いがあって、現在のところ全部で7つのバリエーションから選ぶことができます。

表にまとめるとこんな感じです。

型番 型番末尾 文字盤 ベゼル 生産国 バンド
ブラックボーイ SKX007 J1 日本 ウレタン
K1(KC) 海外 ウレタン
K2(KD) 海外 ジュビリーブレス
ネイビーボーイ SKX009 J1 濃紺 赤青 日本 ウレタン
K1(KC) 濃紺 赤青 海外 ウレタン
K2(KD) 濃紺 赤青 海外 ジュビリーブレス
オレンジボーイ SKX011 J1 オレンジ 黒(金文字) 日本 ウレタン

型番の末尾の「J」は日本生産を、「K」は海外生産を表しているんですね。

その後に続く「1」はウレタンバンドを、「2」はジュビリーブレスを表しています。

つまり「J1」は、日本生産のウレタンバンド仕様ってことです。

セイコー・ボーイシリーズ(SKX007, SKX009, SKX011)共通の特徴

各モデルの違いを説明する前に、セイコーボーイシリーズ共通の仕様を復習しておきます。

セイコー・ボーイシリーズのムーブメント:7s26

まずムーブメントは、7s26といわれるものが積まれています。

自動巻きの機械式ムーブメント、主な特徴は以下の通りです。

7s26の特徴
  • 21石
  • 自動巻き(手巻き機能無し)
  • パワーリザーブ40時間
  • 6振動
  • デイデイト(日付・曜日)表示機能付き
  • 曜日は二か国語表示
  • ハック機能(秒針停止機能)無し

自動巻き時計なので、腕に付けて毎日使っているだけで自然にゼンマイが巻かれます

フルまで巻きあがると、その後40時間動き続けるので、一日くらい使わずに放置しておいてもまだ動いています。

ただ手巻き機能は付いていないので、手で巻こうと思っても巻けません。

ハック機能も付いていないので、秒単位で時間をピッタリ合わせるなんてのはちょっと難しかったりします。

6振動なので、秒針はいわゆるロービートの動きです。

でも、この辺の微妙なゆるさも機械式時計の良さだったりもします。

セイコー・ボーイシリーズのダイバーズ機能

もちろんダイバーズウォッチとしての機能も充実しています。

ダイバーズウォッチとしての機能
  • 200m防水
  • 逆回転防止ベゼル
  • ミネラルクリスタルガラス
  • ねじ込み式リューズ

200m防水って十分ですよね。

トイレの後、手を洗う時に気を使わないなんてのはあたりまえで、つけたままシャワーを浴びることができるし、子供達といっしょに海で遊ぶこともできます。

ブラックボーイ・SKX007の特徴

さてここからは、各モデルの特徴を紹介していきます。

セイコー SEIKO ダイバー 腕時計 ブラックボーイ SKX007J1 [並行輸入品]

最初はブラックボーイBlack Boy)です。

ご覧の通り、文字盤・ベゼルともに黒です。だからブラックボーイ。

ブラックボーイは3モデル

上の表でもわかる通り、ブラックボーイには3モデルあります。

  • 日本製モデル(SKX007J1)
  • 海外製・ウレタンバンドモデル(SKX007K1, SKX007KCと表記されることもある)
  • 海外製・ジュビリーブレスモデル(SKX007K2, SKX007KDと表記されることもある)

です。

日本製(J1)と海外製(K1, KC, K2, KD)の違い

日本製と海外製の違いは、文字盤に「made in Japan」の表記が入るかどうかです。

あと日本製モデルは、海外製モデルより流通価格が少し高いです。

その分、オークション・フリマで中古として売却するときも高く売れたりします。

こだわる人はJ1を選びましょう。

ジュビリーブレスの評価は二極化

[セイコーimport]SEIKO 腕時計 逆輸入 海外モデル ブラック SKX007KD メンズ

SKX007K2, SKX007KDには「ジュビリーブレス」というメタルブレスレットが付いています。

このブレスレットですが評価がはっきり二極化しています。

「しなやかで使い易い」という肯定派と、「安っぽくてしゃらしゃら」という否定派です。

個人的にはカッコいいと思いますけどね。

ちなみにジュビリーブレス単品でも購入できます。

型番「44G1JZ」で検索するといろいろ出てくると思います。

個人的にはブラックボーイ・ジュビリーブレスのモデルは、ビジネススタイルに合わせてもなんとかなるギリギリのライン上にあると思います。

ネイビーボーイ・SKX009の特徴

日本未発売モデルSEIKO セイコー デイデイトカレンダー搭載 200m防水ダイバーズウォッチ 【ネイビーボーイ】 SKX009K [時計] [逆輸入品]

次に紹介するのは、ネイビーボーイSKX009です。

写真はSKX009K1。つまり海外製・ウレタンバンドモデルです。

濃紺の文字盤に、いわゆるペプシカラー(赤青の組合せ)のベゼル。

ダイバーズウォッチとしてのいわば定番根強いファンがいるカラーリングです。

ネイビーボーイもブラックボーイ同様、

  • 日本製モデル(SKX009J1)
  • 海外製・ウレタンバンドモデル(SKX009K1, SKX009KCと表記されることもある)
  • 海外製・ジュビリーブレスモデル(SKX009K2, SKX009KDと表記されることもある)

の3モデルがあります。

 

[セイコーimport]SEIKO 腕時計 逆輸入 海外モデル ネイビー SKX009KD メンズ

ジュビリーブレスと合わせると、また違った雰囲気になってなかなかカッコいいモデルです。

日本製と海外製で価格差があるのはブラックボーイと同じです。

ブラックボーイとネイビーボーイの価格差はそれほどありません。

カラーリングの好みで選ぶと良いです。

スーツに合わせるのはちょっと…ですが、ジャケットスタイルだったら何とかいけそうです。

ちなみに私は、ネイビーボーイユーザーです。

SKX009職場にもよくネイビーボーイを付けて行きます。

本当はブラックボーイもオレンジーボーイも欲しいんですが、我慢してます 笑

ネイビーボーイとG-SHOC・Kスピードモデル左上にうつっているG-Shockは、DW5600E、いわゆるスピードモデル。定番中の定番ですね。

気になる方はこちら↓も読んでいただけると嬉しいです。

G-Shock DW5600E購入・レビュー|定番のスピードモデルこんにちは、さと(@satokita_z)です。 スマホがあれば時間なんてわかるし...と最近は腕時計を付けない人が増えているそう...
おすすめG-Shock スピードモデル 5600系列 まとめみなさんこんにちは。スピードモデル大好きな管理人のさと(@satokita_z)です。 先日、G-Shockの定番スピードモデルD...

オレンジボーイ・SKX011の特徴

[セイコー] SEIKO 腕時計 ダイバーズ 自動巻き 海外モデル オレンジ SKX011J1 メンズ [逆輸入品]

で、最後に紹介するのがオレンジボーイ・SKX011です。

日本製・ウレタンバンドのモデル(SKX011J1)のみの展開です。

オレンジボーイの最大の特徴は、そのカラーリング。

オレンジ文字盤・黒/金のベゼルが最高にカッコいいです。

実は、オレンジ色っていうのはデニムと最高に相性が良いので、休日ジーパンに合わせたいって人におススメのモデルです。

ちょっと良いジーンズに、ユニクロのTシャツ、あとはオレンジボーイを合わせると、それだけでおしゃれに見えるから不思議です 笑

セイコーボーイシリーズの紹介まとめ

今回はセイコーボーイ(Seiko Boy)シリーズをまとめてみました。

選び方の一つのポイントとしては

  • ブラックボーイ → ネイビーボーイ → オレンジボーイの順にカジュアル度が上がる
  • ブラックボーイはスーツにもなんとかOK
  • ネイビーボーイはジャケパンスタイルにもなんとかOK
  • オレンジボーイは休日デニムに

という感じです。

好みにあったセイコーボーイを選んでください。

番外編 → ダイバーズじゃなくてもOKの人におすすめ

最近、まったく新しいコンセプトのSeiko 5シリーズが登場してます。

こちらです↓

[セイコー]SEIKO 5 SPORTS 自動巻き メカニカル 流通限定モデル 腕時計 メンズ セイコーファイブ スポーツ Sports SBSA021

よく見ると、ロゴとか違うところもあるんですが、全体の雰囲気はSeiko Boyそのまんまです。

ダイバーズウォッチじゃないので、リューズがねじ込み式じゃなかったりするようです。

その代わりといってはなんですが、ムーブメントが4R36になってるので、ハック機能付きだったり、手巻きで巻き上げできたりします。

これは、個人的にも「欲しい」です。

気になる方は、↓即チェックです。

 

このブログを書いている人
北沢さとし
知恵と工夫で現状を打開しようとするチャレンジャーを本気で応援するプロ支援家。従業員24万人の世界企業から個人まで様々なクライアントの問題解決屋。 2020年6月9日:ブログにフルコミットすることを宣言。初心者ブロガーとして自らチャレンジ開始。 好物:ビール、ラン、ドイツ、金。 大事にしてる:家族、信念、挑戦、行動量、ハッピー
\ Follow me /