未分類

おすすめG-Shock スピードモデル 5600系列 まとめ

みなさんこんにちは。スピードモデル大好きな管理人のさと(@satokita_z)です。

先日、G-Shockの定番スピードモデルDW-5600E-1Vをレビューしました。

G-Shock DW5600E購入・レビュー|定番のスピードモデルこんにちは、さと(@satokita_z)です。 スマホがあれば時間なんてわかるし...と最近は腕時計を付けない人が増えているそう...
  • でも、いわゆる「スピードモデル」ってもっといろいろあるよね?
  • どれを選んだらいいかわからなくって…

ってあなたの為に、今回は俗に「スピードモデル」といわれるG-Shockの中でも、文字盤がグレーのタイプの違いについてまとめてみました。

いちばん定番っぽいやつを機能の違いでまとめてみよう、という試みです。

結論からいっちゃうと、現在購入できる定番っぽいスピードモデルには3種類のモデルがあります。

一言でいうと、標準モデル、タフソーラー付きモデル、タフソーラー+電波時計付モデルの3種類です。

どれもかっこいいので、全部欲しいんですが、サラリーマンのお給料ではなかなかそうもいかないので、しっかり検討して購入できるような資料を目指してまとめてみました。

G-Shock スピードモデルの定番 DW-5600E-1V

[カシオ]casio G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V メンズ 【並行輸入品】

まずは定番のDW-5600-1Vです。

昨日は必要最小限です。ソーラー電池も、電波時計もついていません

が、その分価格はとってもお安くなっていて、標準価格は税別で11,000円ですが、AmazonとかRakutenで購入するとそれよりかなり安い価格で購入できます

僕が使っているのもこのモデルです。

電波時計がついていないからといって問題があるかというと、そんなことはありません。

実際、G-Shockは精度がかなり良いので「海外出張がそうとう多い」って人でもない限り電波時計機能は見送っても大丈夫かな、と思ってこのモデルを購入しました。

電池・バッテリーの持ちもかなり良いと評判なので、価格面を重視してこのDW-5600E-1Vを選ぶというのはアリだと思います。

個別レビューはこちらです↓

G-Shock DW5600E購入・レビュー|定番のスピードモデルこんにちは、さと(@satokita_z)です。 スマホがあれば時間なんてわかるし...と最近は腕時計を付けない人が増えているそう...

最新価格をチェックするにはこちらをどうぞ↓

タフソーラー搭載のスピードモデル G-5600E-1JF

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック ソーラー G-5600E-1JF メンズ

次に紹介するのはタフソーラーモデルのG-5600E-1JFです。

見ての通り、フェイスのカラーリング・印象もDW-5600E-1Vと似ています。

DW-5600E-1Vに対する違いは、

  • タフソーラー(ソーラー充電機能)付き
  • フルオートELバックライト機能付き

です。

タフソーラー(ソーラー充電機能)が付いていれば、電池交換が一切不要になるので、経済性(電池交換費用)・合理性(電池交換に行く手間)を求める人におススメです。

あと、フルオートELバックライト機能というのは、腕を傾けるだけで文字盤のバックライトが光る機能です。

これが意外に便利で、暗がりで時間を確認するとき、時計を見るポーズをするだけで文字盤が光ってくれます。

価格的にはDW-5600E-1Vに対して2,3千円プラスするくらいなのでコストパフォーマンスもなかなかです。

タフソーラー・フルートELバックライトが欲しい人は迷わずG-5600E-1JFを選びましょう。

マルチバンド6(電波時計)もついたスピードモデル GW-M5610-1JF

CASIO カシオ ジーショック タフソーラー 電波時計 MULTIBAND 6 GW-M5610-1 逆輸入

最後に紹介するのは、タフソーラーもついてるし、電波時計機能も付いている機能満載モデルGW-M5610-1JFです。

マルチバンド6といって、日本(2局)、北米、イギリス、ドイツ、中国の標準電波に対応しています。

腕時計には常に正確な時間が表示されていて欲しい、という人は間違いなくこのGW-M5610-1JFがおススメです。

あと、海外出張が多いビジネスマンにもおすすめです。

夜寝る前にホテルの窓の近くなど、電波を受信しやすい環境に時計をおいて寝れば、夜の間に電波を最大6回自動受信して、正しい時刻をキープしてくれます。

本当のこというと、僕も海外出張が多いので、このモデル GW-M5610-1JFにしようか最後まで迷いました。

価格的にはDW-5600E-1Vのざっと倍でしょうか。

DW-5600E-1Vとは文字盤のカラーリング・印象がちょっと違うので、よく見比べて好みの方を選ぶというもの良いと思います。

G-SHOCKスピードモデルのまとめ

G-Shockスピードモデルで文字盤が白(グレー)のモデルは、以下の3種類があります。

  • DW-5600E-1V 定番モデル (予算約5,000円前後)
  • G-5600E-1JF タフソーラー付きモデル (予算約5,000円+2,000~3,000円くらい)
  • GW-M5610-1JF タフソーラー・マルチバンド6付きモデル(予算約5,000円+9,000円くらい)

予算と機能を見比べてベストなモデルを選んでみてください。

 

 

このブログを書いている人
北沢さとし
知恵と工夫で現状を打開しようとするチャレンジャーを本気で応援するプロ支援家。従業員24万人の世界企業から個人まで様々なクライアントの問題解決屋。 2020年6月9日:ブログにフルコミットすることを宣言。初心者ブロガーとして自らチャレンジ開始。 好物:ビール、ラン、ドイツ、金。 大事にしてる:家族、信念、挑戦、行動量、ハッピー
\ Follow me /