SSDの外付けケースで安価にデザインのよいポータブルSSDを自作する方法

未分類

子供の写真を撮りまくってたらパソコンのHDDがいっぱいになっちゃいました。

外部ストレージを導入したいけど…

  • できればHDDよりSSDのほうが良いなぁ。信頼性も高そうだし。
  • でも外付けのSSDって高価だしなぁ…
  • できたらデザインが良いのが欲しいなぁ

というあなたの為に書いてます。

この記事を読むと、外付けのSSDでデザインが良いものを比較的安価に入手する方法がわかります。

といっても、大型家電店でポンっと買ってくるわけじゃなくて、「SSD」と「ケース」を購入して、ちょっとしたいわゆる「自作」をするんですよね。

だからその分安く上がるってわけです。

実際、僕はこれを購入して「自作」したんですが、価格面・パフォーマンス面・デザイン面で、とっても満足しています。

安価でデザインが良い外付けのSSDを探している人は、ぜひ参考にしてください。

それでは「SSDの外付けケースで安価にデザインのよいポータブルSSDを自作する方法」を解説いたします。

安価でデザインの良いポータブルSSDを自作するのに必要なもの

まずは必要なものをリストアップします。

必要なものはSSDと専用ケースだけです。今回は、SSDと専用ケースは以下を用意しました。

SSD Western Degitalの内蔵SSD M.2-2280 / 1TB / SATA3.0 / WDS100T2B0B
ケース Transcend USB3.1 M.2 SSD 外付けケース TS-CM80S

Western Degital 1TB SSDとTranscendのケース

さて上記のSSDとケース。今回はAmazonで購入しました。


例によって次の日には到着です。

外付けSSD用のパーツ開封とSSD組み立て工程

SSD: WD WDS100T2B0Bのパッケージ・内容

ケース:Transcend USB3.1 M.2 SSD 外付けケース TS-CM80Sのパッケージ内容

付属していたドキュメント類

さてさっそく組み立てていきます

おくから順にケース、SSD、ドライバー。

ケース中には、このような基板が入っています(画像中、中段)。

他にもこんなスモールパーツが付属しています。

基板にSSDを載せました

 

 

タイトルとURLをコピーしました